居抜き物件の価格交渉

居抜き物件の価格交渉

居抜き物件を探して気に入ったので買い取りの交渉に入りますが、交渉上の注意点と契約方法での問題点について記します。

 

居抜き店舗を探す時には幾通りもの方法がありますが、一般的には居抜き専門に扱っている仲介不動産業者を利用するのが多いようです。

 

別の方法として、長年にわたって調理関係やサービス関係の仕事に従事してきた人は仲間が色々な店舗に散らばっていますので、調理師仲間や再ビス関係の仲間から情報を得ることもできます。

 

霞が関の韓国料理・サムギョプサル

 

また、飲食店に出入りしている食材関係や飲料関係の業社にお願いして情報を得ることもあります。

 

中にはインターネットで情報が得られることもありますが、何れの方法においても最終的には条件についての交渉と契約には十分な注意が必要です。

 

条件においては金額交渉が重要ですが交渉前に内装と設備についての詳細のチェックをしなくては後になってトラブルが発生して結果的に高い物になります。

 

岐阜駅から徒歩すぐの個室居酒屋

 

もし設備関係に不安があれば専門家に依頼して厨房機器や空調機器などの状態と耐用年数等を調べて問題があれば金額交渉で減額をしてもらうべきでしょう。

 

内装や家具類、備品類については普通には現状有姿{現状のままの状態}での取引が一般的ですので合計金額と比較して自分たちが納得できるかですが、高いと判断すれば減額交渉すべきでしょう。

 

価格交渉のポイントとしては、その物件が閉店して売却にかけてからの期間を知ることが大切です。

 

浜松で飲むなら居酒屋はこちら

 

さらに、ビル側との契約期間における退去の期日を聞いておくことも判断材料になります。

 

売主にとっては売却に掛けてから時間が経過しても仲々売れない状態で、しかもビル側に物件を現状復帰して返す時期が迫ってきていれば心配ですので安くても早く決めたいはずです。

 

売りだした間近で物件を見に来る件数が多い時期には減額交渉には仲々応じてはくれません。