物件選びにあたって

物件選びにあたって

居抜き物件はメリットがあるからといっても、居抜き物件ならどれでも良いというわけではありません。居抜き物件を選ぶにあたって、物件の状態を良く見極めておくことが大切です。物件の状態とは前の飲食店が綺麗に使っていたかという事だけではありません。勿論油などもなく、綺麗に使われているのは重要なことです。

 

 

 

しかし、物件が綺麗であっても自分の理想とするお店にするためには、お店の面積が狭すぎたり、座席がソファーにすることが出来なかったり、などということがあります。そういった事を念頭に置いて、居抜き物件を選ばなければいけません。居抜き物件を選ぶときには、前のお店のコンセプトが自分の作りたいお店のコンセプトと一致しているか否かというのを調べておくと良いでしょう。一致している場合や、何かしらの共通点がある場合には、その居抜き物件を使って新しくお店をオープンすると成功する確率が高いでしょう。

 

横浜駅近くの居酒屋なら個室ですね

 

例えば、スタンディングバルを新しく作りたいと思っているにも関わらず、前のお店が座敷スタイルのお店だったりすると居抜き物件の意味が無くなってしまいますよね。全て座敷を取り除かなければなりませんし、テーブルもお座敷用のものではなく、スタンディング用のテーブルを買わなければいけないので、余計に手間と費用が掛かってしまいます。

 

名古屋駅 居酒屋

 

そういうことが無いように、自分がどういうお店を出店したいかというコンセプトをしっかりと固めておく必要が大切なのです。そうすると居抜き物件を探すときにもコンセプトに合った物を探せばよいので、間違いが少ないでしょう。