軌道に乗るまでには時間がかかる

軌道に乗るまでには時間がかかる

飲食店が軌道に乗るまでには時間がかかってしまうものです。オープンして間もない頃は、どんなものかという興味があるので、多くのかたが来店してきてくれますが、1カ月ほどすると、興味本位で来店してきてくれるかたは少なくなってしまいます。
難波で人気の個室の居酒屋のように、いつまで経っても客足が絶えないお店のほうが少ないでしょう。

 

興味本位で来店してきてくれたかたがリピーターとなってくれれば一番良いのですが、全員がリピーターになることはほとんどないので、後の営業で地道にリピーターとなるお客様を捕まえることが大事になります。

 

オープンしてから軌道に乗るまでには時間がかかってしまうものですので、できるだけオープン後にお金を残しておくことが大事になります。

 

お金を残すためには、オープン前のお金の使いかたを考えるべきであり、改装をしてオープンをしてしまうと、改装費にお金がかかってしまい、流行るまでに必要なお金が残らなくなってしまうことがあります。

 

居抜きの場合だと、改装をする部分はほとんどなく、出費を抑えることができるようになります。出費を抑えるようにしておけば、お店が軌道に乗るまで我慢をすることができますが、お金が残っていないと、閉店するという選択肢になりがちになってしまいます。

 

資金が乏しい中でオープンをする際は特にお金を残しておくことが大事であり、従業員に支払う給料や光熱費といった絶対にかかるお金を確保しておくことがお店を維持できる要因になっていきます。最低限のお金はいつでも支払うことができる余裕がある中でオープンするのがベストであり、カツカツの状態では苦しい部分があります。