辞めることを視野に入れておく

辞めることを視野に入れておく

新宿の個室居酒屋 彩音ここの店長は元サラリーマンらしいです。
脱サラをして飲食店をオープンしたいというかたは増加していっています。増加している要因になっているのが、サラリーマンをしていても、給料は頭打ちなので、自分でできる事業をしたいという想いがあるからです。

 

しかし、脱サラをして飲食店で生計を立てていけるかたはほとんどおらず、辞めていってしまいます。オープンをした時にすでに多額のお金がかかっているのにも関わらず、辞める時にもお金がかかってしまうのが、改装をしてお店をオープンするやりかたです。

 

自分で改装費をかけてオープンするとなると、改装をした部分を元通りに戻す義務があり、改装を元通りにする費用がかかってしまいます。

 

ただでさえ赤字があるから飲食店を辞めるかたが多い中で、辞めた後にもお金がかかってしまうということは、後の生活に大きく影響してしまいます。

 

特にご家族がいるかたは、ご家族の生活にも関わってくるので、辞めた後のことを考えた上でオープンをするようにするのが一番です。

 

辞める際にもお金がかかるということを意識しておけば、辞めた後のことも考えられるようになるので、覚えておく必要があります。

 

多くのかたが飲食店をオープンし、1年以内に閉店をとなっています。脱サラをしても生計を立てるのが難しく、サラリーマン時代の給料よりもずっと低い給料となってしまうことも多々あります。

 

給料面や流行っているかどうかなどを考慮して、辞めるかどうかの選択をするというかたも多々存在しており、辞めた後の生活も考えておかないと、もう一度お店をオープンするという夢も夢のまま終わってしまいます。