居抜き物件について

居抜き物件について

居抜き物件をとても活用できる業種は居酒屋が多く、
居酒屋にとってとても大切な厨房機器類などは新品を購入する場合かなりの高額になりますが、
居抜き物件であれば備え付けの厨房機器があるので、
あえて高額な厨房機器を買う必要が無く、
居酒屋を経営する場合居抜き物件を利用することが大きな価値になります。

 

居抜き物件の費用を抑えたいのであれば、
内装などの見た目ではなく「機器の性能や設備」の中身を重要視したほうがいいようです。
「壁紙や家具などの内装は年季が入っているが、
譲渡される機器は
「買い替えたばかりでピカピカだった」「一見汚れているように見えたが掃除してみると何の問題も無く使えた」
などといったことはよくあります。
壁紙や家具類の変更は比較的安価でできますが、
逆に目に見えない性能や設備こそ変更しようとすると高くつくので、
費用がかかる箇所がそのまま使えればいいといったスタンスで物件を内覧すると
お得な居抜き物件が見つかるでしょう。

 

居抜き物件を契約し引き継いだ後は
前テナントからお店が新しく変わったことをお客さんに伝える方法を考えます。
お金を出してプロに任せるのでなく、労力と時間をかけて自分らしいお店に替えていきましょう。
例えば、前のお店が青っぽい内装だった場合、
対極にある色の赤をテーマカラーにするとお店が変わったことを気づいてもらいやすく、
決めた後は小物や看板を選んだ色をベースに替えていきましょう。
看板の製作自体は専門の会社に頼まなければいけませんが、
デザインの考案だけでも自分で考えたら費用の節約になり、
こうした細かい作業も自分で考えて行えば、初期費用を大幅に削減できます。

 

蒲田でスポーツバーをお探しならこちらhttp://b-65536.com/