居抜き物件を利用した居酒屋開業

居抜き物件を利用した居酒屋開業

居抜き物件とは、
飲食店であれば、飲食店の設備や什器、備品まで、そのまま利用できる状態の物件のことを言います。

 

居抜き物件を利用する最大のメリットは、やはり初期投資を格段に抑えられることにあります。
内装譲渡金がかかりますが、多くの場合は、
一から工事を行なう工事費と比べるとかなり安くなります。
従って、投資額が抑えられ借入金も少なく、
さらに投資額も早期に回収できるのです。
また、内装譲渡金の価格を減額する交渉もできます。

 

個人経営の小さな飲食店であっても開業するのに
1000万〜1500万円はかかると言われています。
この1000万円〜1500万円と言う費用の中で、大きく締めるのが内装工事です。
電気、ガス、水道といった基本的な工事が特にお金がかかりますが、
居抜き物件を利用するのであれば、この部分をかなり抑えることできます。

 

物件を見るときのポイントは、
いつまでお店をやっていたのかを不動産会社に確認しましょう。
長く空いた物件は厨房機器に問題が発生するケースが有り得るからです。
内装設備のプロを活用して資産価値を把握しましょう。
動かなくなった機械や使えない機械、店舗の匂いなどは、
内装譲渡金を払ってからでは手遅れになってしまうからです。
設備のリストを出してもらいましょう。
譲り受ける内装、設備、厨房のリストを前オーナーから提出してもらい、
引き渡しの際にリストを確認し、
更には資産譲渡を契約の際に確認しましょう。
リース物件に気をつけましょう。物件によっては
内装、設備、厨房など、リースを利用する人もいることから、
リース契約を行なっているものがあるのか、ないのかを確認することが必要です。

 

渋谷で人気の個室イタリアン The Neworder Table