改装前に利用できる部分をチェック

改装前に利用できる部分をチェック

居抜き物件は「改装前」の段階ですと、
負担となる初期投資が基本的にそれほど高くならずに済むというメリットがあります。
敷金や賃料との兼ね合いもありますが、
あまり高額にならないで済む物件をある程度待ってから狙う、という方法も有効です。
比較的よい条件の物件が現れた時に素早く、
居抜き物件に対して応募出来るようにしておくことで、
時間的なロスもありませんし、
良い条件の物件を見つけることが出来るようになります。

 

このあたりの条件は、居抜き物件ごとに条件が違うところがございますから、
自分が目指す居酒屋のビジョンを不動産業者などに伝えて、
ある程度、確認をしておくようにすることで、時間的なロスもありませんし、
素早くよい条件の物件を見つけることが出来るようになるでしょう。
改装が多くて、手間がかかる物件であれば、敷金や礼金のことで交渉すれば、
ある程度金額面で割引など負担を軽減してくれる可能性もあります。
このあたりの条件については、事前によく確認をしておくようにしておくことをお勧めします。
居抜き物件はうまくすれば、
初期投資を小額に押さえながら居酒屋を開始することができるチャンスでもありますから、
ぜひ具体的な条件などをチェックされることをお勧めします。
経済的な負担も少なく、
開業資金もあまり負担なく開始することができるチャンスとなりますから、
ぜひご検討されることをお勧めします。
意外と準備しておけば出来る事も多いため、
ぜひ居抜きで自ら優先したい点を考慮しておくと良いでしょう。

 

お忍びダイニング たくみ