居抜き物件を総括する

居抜き物件を総括する

飲食店を経営したいと考えて出店計画をプランする上で、初めからスケルトンのビルから自分が理想とするポリシーで設計士と打ち合わせをしたり中に設置する家具やグラス類、食器類、書画骨董などの装飾品を探したりすることは夢が膨らんで楽しい時間です。

 

立川 居酒屋

 

しかし、スケルトンで飲食店を作れて立地条件も優良な物件を探すことは簡単でもありませんし、ビルの保証金から設計および建築費、家具類などの費用も高額になります。

 

その点においては何らかの事情があって閉店した居抜き物件は投資金額も低く抑えられますし、小維持する期間も短く出来ますので無駄な賃料も少なくなります。

 

八重洲 個室

 

但し、自分が本当にやりたいものにするには難しいし、厨房設備や空調設備などが古くなって色々なトラブルが後になって発生してトータルには金がかかってくることもあります。

 

設備関係の機器の故障でも新規のものでしたら保証期間もありますのでメーカーが完全に直してくれます。

 

居抜き物件でも撤退する理由によっては繁盛していた物件の事もありますので、売主との間で良好な話し合いが出来れば顧客や従業員も含めて引き継いで経営出来る事もありますので新規に作るよりも安全性の面においても資金の面にいても有利に運べる事もあります。

 

このように考えますと新規か居抜きかを判断することは、結局は「運」によって大きく左右します。

 

もう一つは、どちらにしても時間的に焦らないでゆっくりと良い物件が出てくるまでは出店をしないで待つことが大切です。

 

所沢にある居酒屋は個室選びが重要です

 

ゆっくり待つことで自分の気持ちも一時の熱だけなのか、心の底から飲食業に自分の人生を費やしたいのかもハッキリと見えてきて成功の確率も上がって来ます。

 

古い時代には立派な商人になるには、小僧さんの時から長い年月を修行してご主人に認めてもらって初めて暖簾分けをしてもらえたのです。

 

その様な時間をかけてきて周囲から認められてこそ成功のチャンスが広がるのかもしれません。