メリットが沢山

メリットが沢山

レストランなどの飲食店のための物件を探していると、「居抜き物件」という言葉を多く見かけることだと思います。もう皆さんも居抜き物件という意味を知っているかもしれませんが、居抜き物件とは、その借りていた場所を出る時にあたって、今まで使っていた備品や内装などをそのままにして、次にその場所を借りる人がそのまま引き継げるようにしてある物件の事を言います。

 

浜松にある居酒屋は個室が決め手

 

居抜き物件の事を、「造作譲渡」などと書かれているときもあり、不動産屋さんの資料などで、「造作譲渡」という文字を見かけたら、居抜き物件の事を言ってるんだな、って思って下さい。さて、居抜き物件は、内装もわざわざ新しく手を加える必要が無いですし、備品もついているので、購入する必要が無く、時間もお金も手間もかかりませんので、お得ですよね。改装をする費用も掛かりませんし、設備を新しくする必要もないため、初期費用を低く抑えることが出来ます。

 

浅草雷門き介 神保町店

 

そのため、居抜き物件を借りたら、短期間でオープンすることが出来ます。また一番のポイントは、内装だけでなく、外装もおなじであれば、前のお店のお客さんを取り込める可能性があるという事です。例えば、以前もイタリアン理屋さんで新しくオープンするお店もイタリアン理屋さんといったように、同じ業種であれば、そのままお客さんが流れてくる可能性がありますので、新規開拓してお客さんを呼びこまなくても、オープンと同時にお客さんが来ると言う可能性もあるのです。

 

名駅周辺で人気の小料理バル ドメ

 

居抜き物件を上手に使って、飲食店をオープンしてみて下さい。