別のメリットもある居抜き物件

別のメリットもある居抜き物件

居抜き物件には設備投資を低く押さられるというメリットがあるのですが、その他にも利用の仕方で大きなメリットがあります。

 

自分たちが独立して開業したい内容が明確に決まっていて、内装のデザインやから家具や備品、食器類、グラスまで人が作ったものでは納得出来ないというこだわりがハッキリしているのなら居抜き物件では無理かもしれません。

 

それは立派なポリシーですが、独立開業して成功を収めるにはポリシーだけででは難しいものがあります。

 

誰でも自分たちが作りたい形の理想がありますが、今売りにでている居抜き物件でも初めに作った人は自分たちの理想をつらぬいて作っている場合が多いのです。

 

 

 

自分たちの理想が時代の流れやお客さまになる人々の気持ちや感性とピッタリ有った時には成功するかもしれませんが、実際には飲食店の成功の確率はかなり低いのが現実です。

 

その意味では、居抜き物件の違った面のメリットを活かす事にも成功の確率を高めるものがあるのです。

 

居抜き物件には廃業に至った理由も様々です。

 

三宮で人気の個室のある居酒屋

 

盛業中だったがご主人が病気になって営業を継続できなくなったケースもありますし、理想に燃えて高額な建築費を掛けて素晴らしいインテリアや設備を作ったが不況の波に耐えられなくて撤退を決意したものまで様々です。

 

このような事情がある居抜き物件を数多く探して、折角の素晴らしいインテリアでも何故それまでの経営者が撤退を余儀なくされたのかも聞いてみると良いでしょう。

 

新潟の居酒屋は個室が結構おすすめ

 

もし、そこに失敗の理由があるのであれば、もし自分たちが経営する場合には欠点を補う経営をすることで成功の光が見えてきます。

 

また、前の経営者が長年にわたって顧客を培ってきたのであれば、親しくなって顧客やそれまで働いて来た従業員も紹介してもらえると良いかもしれません。
飲食店を開業して顧客がついてくるには数年の歳月と良い従業員が大切です。

 

居抜き物件の場合に上手に今まで蓄積された実績も貰えれば成功の確率が掛け算になって上がるのです。