活用しよう

活用しよう

飲食店などをオープンしようと思ったら、まず物件を探しに行きますよね。その時に居抜き物件という言葉を耳にするかと思いますが、一体この居抜き物件とはどういう物件の事を指すのでしょうか。居抜き物件とはお店の中の内装やテーブルや椅子等といった備品が残っている状態の物件の事を指します。飲食店で良く多く使われる言葉ですが、物販店など幅広く不動産業界で使われている言葉です。

 

大志 天神大名店

 

さて、飲食店においてはこの居抜き物件で借りた方が安いのです。と言うのも既に備品がありますので、新たに購入する手間も時間も費用も省くことが出来るのです。また備品だけでなく、トイレやキッチンの他、床や天井などのメインの設備が残ったままなので、その物件を借りて、ちょっとだけ手直しをしたり、足りない分を補うだけで直ぐにお店をオープンすることが出来るというメリットがあります。

 

安くておすすめの焼肉バルつばき

 

勿論なかには、内装の一部だけが残っている場合もあり、そういう時は一部居抜き物件と言う風に呼び、普通の居抜き物件と区別したりしています。こんな不景気の時代ですから、ランニングコストを抑えて飲食店をオープンしたいですよね?キッチンなんかは新しく設備を入れるとなると、かなりの高額になってしまいますので、是非居抜き物件を借りてみてはいかがでしょうか?

 

銀座 和食 ランチなら 長崎料理「銀座吉宗(よっそう)元祖茶碗蒸し」

 

居抜き物件で借りるのと、居抜き物件ではない物件を借りるのとではかなりの金額の差があります。その差額分を食材やアルコールといった仕入れに回すこともできるのです。居抜き物件をフルに活用してみませんか?