居抜き物件として売却する理由

居抜き物件として売却する理由

飲食店を経営したいと考えて居抜き物件を中心に探すことは投資金額を低く抑える意味では良い方法ですが、注意深く物件の状態や程度などを観察して判断しませんと後になって後悔することがあります。

 

横浜駅からすぐの居酒屋個室

 

居抜き物件が市場に出る理由には下記のような状況が考えられます。

 

新宿のよく行く個室 居酒屋のお店です

 

1, 立地の悪さや料理やサービスに特色や魅力がないために客がつかないで経営に行き詰まった。
2, 高級店の場合などでは契機が悪くなって企業関係の世帯需要の急速な落ち込みで赤字経営が続いた。
3, 損益は何とか保てていたが経営者が健康上の事情や加齢の為に続けられなくなった。
4, 経営状態は悪く無かったが他の事業でおおきく赤字を出したので資金的に継続できなくなった。
5, 年齢も考えて黒字経営で繁盛している間に売って金にしたい。
6, 他の場所に大きな店を開業することになったので売却したい。
7, 長年経営してきたが設備や内装が古くなったので修理するのも大変なので撤退したい。
8, 家主であるビル側とのトラブルがあったので嫌になったので撤退する。
9, 外国に移住することになったので売却して少しでも金を作りたい。

 

・・・などの様々な理由で売却しようとしている方が多いでしょう。

 

居抜き店舗を買い取る場合には物件の良否を判断するにも、交渉をするにも、契約するにおいても上記のような居抜き物件として売却する理由を詳しく聞いておく事が大切です。

 

焼肉 うしみつ 恵比寿本店

 

撤退する決断の理由によっては物件の価値観がおおきく違ってきます。