3つの活用法

3つの活用法

初期費用をとにかく抑えて自分の飲食店をオープンしたいと言う人が使うのが居抜き物件というイメージがありますよね。居抜き物件の活用には3つの方法があります。まずは、以前のお店の設備や内装などを全てそっくりそのまま使ってしまう方法です。そのまま使うことが出来るのは、前のレストランとこれから新しくオープンするレストランが同じコンセプトだったり、同じ業種や業態である場合です。

 

 

 

新しくオープンするレストランが前のお店と全く違う業態や業種の場合は、一から手直しをする必要があるので、コストがさらにかかってしまいます。次の活用法は、前の内装や備品を活かしながらも、ある程度手を加えてリフォームして使う方法です。この場合は、ゼロから設備投資をするより安くお店を作り上げることが出来ます。

 

https://r.gnavi.co.jp/a058411/

 

居抜き物件を借りる多くの人は、リフォームをして使う人が殆どです。最後の方法は完全にリノベーションをしてしまう方法です。リノベーションだと、居抜き物件を借りる意味が無いように思うかもしれません。最初っから何もない物件を借りた方が良いように思えますよね。しかしこの場合は、居抜き物件を狙っていると言うわけではなく、良い物件を誰よりも早く手に入れたいという願いから、居抜き物件を借りているのです。カフェが沢山集まる激戦区では、良い物件はなかなか出回ることはありません。

 

 

 

お店を閉めたいと言う人からお店を丸ごと譲り受ける居抜き物件であれば、不動産屋さんを介す必要がないので、人脈が無くても良い物件に当たる可能性があるのです。居抜き物件には様々な活用法があります。是非活用して良い居抜き物件を探してみて下さい。